読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪あがきプログラマー

悪あがきを続けていきたい技術と書評なブログです。トレタでiOSエンジニアやってます。

ほぼ初の国内線(ANA)に乗り遅れたけれど、なんとか振り替えてもらえた話

飛行機の時間に遅れる。。

先週末土日で彼女の実家の秋田に行って来ました。
新幹線だと片道4時間かかるということだったので、飛行機で行くことに。

飛行機だと少し高くなるとのことだったのだけれど、色々と探していると楽天の往復航空チケットと宿がセットになってるパックを見つけました。なんと往復チケットオンリーより安いではないですか。ということで迷わずこのパックにしました。

当日。。。

飛行機に乗り慣れていないせいもあり?時間がぎりぎりになってしまいました。

むぅ、このままでは良くてフライト10分前着。。まぁ国内線だからなんとかなるかな?無理かな?ダメだったら振り替えてもらえるかな?と色んな考えが頭を巡ってました。(あとあと考えると10分前とか無理ですね、普通に)

とりあえずよくわからないから聞いてみよう!と羽田空港に電話をしてみました。

電話で色々聞いてみる

羽田空港に電話する。

僕「遅れそうなんですけど、、」
羽田「航空会社はどちらですか?そちらの番号を教えますね。」

ANAに電話する。。

僕「遅れそうなんですけど、、」
ANA「チケットを確認しますね。」
ANA「楽天のパックなので変更出来ません。楽天に問い合わせてもらえますか?」

楽天に電話する。。。

僕「遅れそうなんですけど、、」
楽天「これはパックなので変更は不可能です。完全に別で航空券を購入する必要があります。」

・・・そりゃそうだよな。安いパックだもんな。でも別で航空券を買い直すと今回の旅費が倍近くなってしまう。これはなんとしても間に合わせなければ。走るしか無いな。。

ということで走りました。羽田国内線ターミナル駅ってところで降りてどっちがANAでJALかもわからないけれど、案内板を見ながら走りました。なんとかゼーゼー言いながら発券機を見つけ、発見してみたらあっさり紙が出て来ました。お、間に合ったか??と思ったらそこには

「この便の発券は終了しました。」(たしかそんな感じ)

と書かれてました。間に合わなかったか。。

近くの地上添乗員?の人に聞いてみるもこれは無理ですねぇと。。

しょうがないので、次に早い便はJALだ、ということでそっちのターミナルに行こうと思ったのですが、ダメ元で振替してもらえないか聞いてみようと。さすがに航空券x二人分はそれなりに大金なのでなんとかしたいなと思ったのです。

また、普通に考えて振替できないわけがないだろうと思ってました。だって、空気を運んであとからTwitterで文句言われる様なことわざわざしないでしょう。

結果的に

長い列に並びその顛末をカウンターで伝えると、あっさり振り替えてくれました。
一応「これは振替できないチケットなんですけどね、」とは言われましたけど。

普通に合理的に考えると、席が余っているのに振り替えない、ということはしないはずなのですよね(もちろん余っていればの話です)。羽田空港はともかく、楽天さんは、もちろん責任は持てないからなんとも言えなかったのだろうけれども、カウンターで交渉してみたら?くらいは言ってくれても良かった気がします。

ホリエモンも怒ってる

たまたま今日のホリモンメルマガで同じようなのがありました。ちょっとだけ引用します。

今回の旅で急遽エアーチケットを変更することになったのだが、「時間
変更不可チケットだから、時間変更にはお金がかかることになる」という紋切
り型の反応しか返ってこないし……。そこを交渉するのが、君等、旅行代理店
の仕事だろう……と、今度は独自に直接エアラインに掛け合ったところ、ほぼ
無料で変更が可能になった。

堀江貴文のブログでは言えない話

旅行に限らずですけど紋切り型の反応しかしないところはホント多いですよね。。

まとめ

なかなか普段交渉する機会というのは無いので発想として消えてることが多いけれど、意外と大抵のことは交渉できて、なんとかなることが多いのではないかと思いました。電話の向こうの人からすると面倒事を起こしたくない、という事だけなんだろうけれど、こちらからすると何万飛ぶか飛ばないかの瀬戸際なわけで、、もう少し親身になってくれてもなーと思ったは事実。

とは言っても遅れてしまったのが一番悪いんですけどね。反省します。。

最後に、別にANAさんも楽天さんもdisってるわけではないです。ANAさんは最終的に振り替えてもらえたし、楽天さんは今回のパックはとても安かったですし、旅先で泊まった宿もとても良くて満足でした!(なんとドライヤーがナノケア!)

始めての飛行機で乗り遅れるような阿呆はあまりいないと思いますけれど、もし同じような状況になってしまったら諦めずにとりあえず交渉してみると良いと思います。